5-11歳ワクチン接種とは

ベルギーも昨年12月後半から5-11歳のワクチン接種が始まりました!

●5歳から11歳へのワクチン接種が承認された。使用されるワクチンは小児用ファイザー/ビオンテック製ワクチンで、21日間の間隔を空けて2回接種される。
●ワクチン接種は、併存疾患のある子供に対して強く推奨されるが、併存疾患のない子供に対してもワクチン接種が提案される。
●併存疾患のある5歳から11歳の子供に対して案内が発出される予定。併存疾患のない5歳から11歳の子供に対しては、ワクチン接種に関する説明紙が送付される。
●上記ワクチン接種は、無償かつ任意。なお、ワクチン接種は、両親(又は法定後見人)の合意がある場合にのみ可能。
●5歳から11歳の子供の公的生活へのアクセスが、ワクチン接種の状態により制限されることはない(5歳から11歳向けのコロナ・セーフ・チケット(CST)は無い)。

うちの次男は11歳。11歳までは打たなくてもベルギー内では制限がないので打たなくても良いのですが、ほら、、、、私コロナにかかったじゃないですか(知りたい方はこちらへ)。。。その時に次男はワクチン打ってないために20日間の監禁。

そしてローマに遊びに行った時には、たとえEU圏内ども、国によって違う制限をネットでかき集めたりするのが面倒になった私。。。

11歳ってびみょ~なんですよ。もっと小さかったからどの国でもワクチン打ってなくてもPCR要らなかったりするのに、11歳はびみょ~。

さらにはここ最近、周りでも「コロナにかかった」やら「家族の誰かがかかったかもしれない」話が多く、そうなると万が一濃厚接触者になった場合の次男は隔離期間がワクチンを打った長男より長くなる=自由も奪われる。(打ってれば1回目のPCRが陰性ならそれで隔離終了)

ってことで、子供に「打つ?打たない?」と聞いたところ「打つ」とのことだったので行ってみました。

「ワクチン?こわくないよ!」のお出迎え。

子供向けと12歳以上向けの部屋が違っていて、子供向けの部屋には2人の女性係員がいて、「今日は何で来たのかわかる?」から始まり、ワクチンがどうして必要なのか説明し、ディズニー映画が目の前で放映されている中ワクチンを打ち、打った後には飴がもらえるというラグジュアリーコース。

方や隣を見ると、大人たちは流れ作業のようにワクチンを打っていたわ。

ということで次男は1回目を打ち終わりましたが、私同様、腕が少し痛ーいといった程度で熱も頭痛もない様子。

とりあえず無事に今のところ過ごしております~😊

ふぁりん
ふぁりん

早くコロナセーフチケットを使わなくてもいい日が来ないかなぁ

♡♡↓↓↓↓下記のリンク↓↓↓ブログランキングもおしてね♡♡↓↓↓

コメント