料理油ってどこで捨てるんじゃ? ベルギーリサイクル事情

リサイクルシリーズです~。前回、洋服のリサイクル本のリサイクルについてレポートしましたが、今回は料理油! ベルギーってフリッツ(ポテトフライ)をフリッツ屋で買って来たり、家で揚げたりして油を多く使うんですよね。

そこで「使った油ってどこで捨てるの?」という話をよく聞かれます。日本だとゼリー状に固めるのが売ってたりしますが、ベルギーには油のリサイクルボックスがあります!それが上の写真の赤いポストみたいなボックス😊

Olioboxのウェブをチェックすると、どこにボックスが設置されていて、どのようにリサイクルするかわかります。

ブラッセル市内(郵便番号1000)で調べるとこの通り!

ウェブの右下あたりにボックス探せるよ。郵便番号いれてね。

リサイクルボックスは町中やスーパーに設置されていて、それを綺麗にしてバイオディーゼルとしてリサイクルされているようです。(動画はこちら

じゃあ何に入れて捨てるのか?

それはこんな感じ。私はいつも、油の入っていたプラスチックボトルに古い油を入れておいて、満タンになったらプラスチックボトルごと赤いポストに捨てております~。

油が垂れてきちゃうから、トマトとかお菓子が入っているプラスチックのバケツを受け皿にしてます~。

ふぁりん
ふぁりん

カルフールには油捨ての赤いポスト、電球捨てのポスト、電池捨てのポストって基本的に置いてありますよ~。

↓↓↓ リンクも押してね! ↓↓↓

コメント